【重要】チャバネゴキブリが出た時のゴキブリ対策について

チャバネゴキブリというのは、体の大きさは2cm程度と小さく茶色いゴキブリです。

 

このチャバネゴキブリ、実は普通の黒いゴキブリよりも何倍も危険なゴキブリだと知っていますか?

 

f:id:wfwenfef:20180405080601j:plain

 

 

チャバネゴキブリが危険な理由

 

チャバネゴキブリが危険な理由は色々ありますが、

 

・成長、繁殖のスピードがものすごく早い

・体が小さいため家電製品の中にも入り込む

・完全駆除するのが難しい

 

大きく分けるとこの3つです。

 

それぞれ簡単に説明していきますね。

 

 

◆成長、繁殖のスピードがものすごく早い

 

成長、繁殖のスピードは、普通のゴキブリと比べてみると分かりやすいです。

 

普通のゴキブリの幼虫から成虫までの成長、繁殖までの期間は、およそ10ヶ月から1年。

 

それに対して、チャバネゴキブリの幼虫から成虫までの成長、繁殖までの期間はおよそ2ヶ月から3ヶ月。

 

つまり、普通のゴキブリに比べると4倍から6倍のスピードで成長し、数を増やしていきます。

 

 

◆体が小さいため家電製品の中にも入り込む

 

チャバネゴキブリというのは、体の大きさは2~3cm程度と非常に小さいゴキブリです。

 

厄介なのは、体が小さいため、家電製品の中にも入り込んでしまいます。

 

例えば、パソコンやノートパソコンなどにも、チャバネゴキブリは侵入してしまいます。

 

しかも、チャバネゴキブリは熱のある温かいところを好む性質があるので、パソコンの中に入り込んだり、冷蔵庫などにびっしりと集まったりしてしまうので、注意が必要です。

 

 

◆完全駆除するのが難しい

 

 チャバネゴキブリを駆除するというのは、本当に大変なことです。

 

とにかく成長、繁殖の期間が短いため、一気に駆除するようにしないと、生まれた幼虫がすぐに成長して繁殖をするようになります。

 

つまり、中途半端なゴキブリ対策をすると、いつまで経っても家やお店の中からチャバネゴキブリを駆除することができません。

 

また、電化製品の中に入り込んでしまったチャバネゴキブリを駆除するのが非常に難しいです。

 

さすがに、入り込んだ電化製品を分解するわけにもいかないので、電化製品の中に入り込んだチャバネゴキブリを駆除する方法を考えないといけません。

 

 

チャバネゴキブリを駆除するために

 

チャバネゴキブリを完全駆除するためには、

 

・使うゴキブリ駆除剤は強力なものを使用する

・置く数と場所を考えて、一気に駆除する

 

この2つを意識してゴキブリ対策をすることで、チャバネゴキブリを駆除することが可能になってきます。

 

駆除対策を始めるのが遅くなると、チャバネゴキブリはその強力な繁殖力でどんどん家の中での個体数を増やしていきますので、できるだけすぐに駆除を始めるようにしましょう。

 

 

チャバネゴキブリ駆除に使うゴキブリ駆除剤

 

チャバネゴキブリの駆除い使うゴキブリ駆除剤は、市販のものではなく業務用に開発された強力なゴキブリ駆除剤を使用します。

 

市販のものでも効果がないわけではありませんが、先ほどもお伝えした通り、チャバネゴキブリは成長と繁殖のスピードが早いため、できるだけ強力なゴキブリ駆除剤で一気に駆除してしまうことが重要です。

 

そのため、使用するゴキブリ駆除剤は、市販のものではなく業務用に開発された強力なゴキブリ駆除剤を使用しましょう。

 

f:id:wfwenfef:20180412091628p:plain

 

この駆除剤は、実際に飲食店などでも導入されているゴキブリ駆除剤です。

 

ゴキブリの駆除率は94.7%なので、かなり強力なゴキブリ駆除剤です。

 

チャバネゴキブリの駆除には、このゴキブリ駆除剤を使って駆除するようにしましょう。

 

⇒使うゴキブリ駆除剤はこちら

 

 

◆ゴキブリ駆除剤を置く場所

 

使うゴキブリ駆除剤が分かったら、次はどこにゴキブリ駆除剤を置くのかを考えます。

 

ゴキブリ駆除剤を置く場所としては、まず、

 

・冷蔵庫の奥

・シンクの下

・キッチン周り

 

など、チャバネゴキブリがよく出てくるエリアに重点的に置くようにします。

 

これ以外に重要になってくるのが、2箇所あります。

 

まずは、

 

チャバネゴキブリが侵入していそうな電化製品の近く

 

です。

 

先ほども書いたとおり、チャバネゴキブリはパソコンなどの電化製品の中にも入り込みます。

 

でも、チャバネゴキブリの生き物なので、必ず餌を食べに外に出てきます。

 

その時にチャバネゴキブリに餌を食べさせられるように、その家電製品の近くにゴキブリ駆除剤を置いておくようにしましょう。

 

ゴキブリ駆除剤を置いておきたいもう1ヶ所は、エアコンの室外機の周辺です。

 

チャバネゴキブリは、必ず家の外から家の中に侵入してきます。

 

その時の侵入経路になるのが、エアコンの室外機なのです。

 

エアコンの室外機は、部屋の中と外をホースで繋いでいます。

 

つまり、エアコンの室外機から侵入したチャバネゴキブリは、ホースを登ってエアコンから室内に侵入してきます。

 

だから、ゴキブリ駆除剤をエアコンの室外機周辺に置くことは、非常に重要になるわけです。

 

 

◆置くゴキブリ駆除剤の数

 

チャバネゴキブリの駆除で重要になるのが、置くゴキブリ駆除剤の数です。

 

チャバネゴキブリは成長、繁殖のスピードが速いため、できるだけ短期間で駆除してしまいたいです。

 

そのため、置くゴキブリ駆除剤の数は、思っているよりも多く置くようにします。

 

例えば、1個置く場所にもう1つ置いて置く。など、思っている数の倍置くようにすると効果的です。

 

その場合、ゴキブリ駆除剤は少しだけ距離を離して置くようにすると、チャバネゴキブリに確実にゴキブリ駆除剤を食べさせることができます。

 

チャバネゴキブリは、普通のゴキブリと違ってほんの少し適当にゴキブリ対策をするだけで、家の中での個体数が爆発的に増えてしまいます。

 

チャバネゴキブリの駆除は、一気に短期間でやることが大事です。

 

それを頭に入れて、チャバネゴキブリ対策を行うようにしましょう。

 

⇒使うゴキブリ駆除剤はこちら