チャバネゴキブリの赤ちゃんが出たら要注意!

チャバネゴキブリの赤ちゃんは、成虫のチャバネゴキブリと一緒で茶色い色をしています。

 

ただ、このチャバネゴキブリの赤ちゃんが出たら、特に注意をしてください。

 

というのも、チャバネゴキブリの赤ちゃんが出たということは、家の中でチャバネゴキブリが産卵・繁殖をしたということです。

 

このチャバネゴキブリというゴキブリは、普通のゴキブリに比べると繁殖力が強く、繁殖スピードもとても速いです。

 

チャバネゴキブリの赤ちゃんは、大体2ヶ月ほどで成虫まで成長して、そこから繁殖活動を始めます。

 

これがどういうことかというと、数ヵ月後には新たに数十匹から100匹近くのチャバネゴキブリが生まれるということです。

 

これが、普通のゴキブリと比べて、チャバネゴキブリが危険な理由です。

 

とにかく繁殖力が強く、成長スピードが速いので、チャバネゴキブリの赤ちゃんを見かけたら出来るだけ早くゴキブリ対策を始めましょう。